英語のスキルを活かして貿易関係の仕事に就職!

英語のスキルを活かして貿易関係の仕事に就職!

アルファベット

英語力が試される仕事

貿易業は英語力が試される仕事の一つとなっています。貿易業では取引先のほとんどが海外になっており、話す言葉も日常の英会話よりも遥かに上をいくビジネス英会話になるので専門性も高くなります。

人生と仕事

英語に自信がなければ

ビジネス英会話までの英語を話す自信がなければ、貿易事務という選択肢も良いでしょう。直接の取引は営業が行ない、書類の作成や書品の発注は貿易事務が行なうのでトークスキルがなくても大丈夫です。

RECRUTITMENT

研修制度

貿易関連の仕事は英語が出来て当たり前、という部分も確かにありますが、現在では英語が出来なくても社内の研修制度よって身につけさせるという企業も多くなってきています。貿易に興味がある方はこうした会社で経験を積むのもいいですね。

職種と業種の違い

職種

職種は事務や企画、営業などの仕事の種類のことを指していることが多いです。そのため企業ではなく個人の役職という認識に近いですね。

業種

業種は企業が所属している業界を指しており、運送業、製造業などといったグループ分けとなっています。職種と違い個人ではなく全体になっていますね。

広告募集中